幼児用英語教材比較〜親子で楽しもう♪〜 > 幼児用英語教材を選ぶ3つのポイント

幼児用英語教材を選ぶ3つのポイント

幼児用英語教材を選ぶ3つのポイント

1.親も一緒にできるか

 幼児用英語教材は親子で楽しむのがカギなので、本当に小さい時の、

「かけておけばいい」という耳に 慣らすためのCDを除いて、DVDやその他の教材は

親も「これ好き〜♪」と思えるものにしましょう。

 なぜなら、子どもに画面を見せているだけでは、やはり脳や心に届かないのです。

親も好きな教材で、子どもと一緒に「こうだね、ああだね」と話す、ちょっとした一言を英語で言ってみる、

生活の中で使える言葉を使ってみる。

 英語でコミュニケーョンを遊びのつもりでいいからとってみる(やってみようとする)。

 そこから、親子のコミュニケーションもさらに生まれもするし、楽しんで続けられます。

見せとけばいいや、は身に付かないし、飽きちゃって続きません。

子どもが飽きても、私が楽しいからやっちゃおうくらいのつもりでやってると、

そのうち子どもも「ママ楽しそう だからぼくもやる〜♪」ってもどってきますよ ^^。

2.その子に向いているか

 当然ですが、子どもにも好き嫌いがあります。

乳児のころは、親が好きなものを好いてくれる可能性もありますが、

必ずサンプルを取り寄せたり、試聴したりして、子どもの様子をよく観察しましょう。

しゃべれる子であればもちろん聞いてみましょう。

3.価格は自分(親)にとって妥当かどうか

 高い物をがんばって無理に買ってしまうと、「元をとらなきゃ(子にとってもらわなきゃ)」と、

自分が必死にな り過ぎてしまいます。

ちょっと子どもが、飽きてきちゃったときに、「高かったのだから、身につけてもらわないと!」

とあせっちゃいますよ。

子にも辛いし、親もストレスです。

 ただ、「高い」or「安い」ではなく、「この教材で、この価格」は納得できるかどうか、

払っても後悔しないか どうか、”自分の心とお財布”とよく相談しましょう。

そして、納得の教材を選べばそれは”子育ての楽しいツール”になりますよ^^。

親子で楽しみましょう!!

幼児用英語教材比較TOPページはこちら